英語の海を泳ぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS straight arrow

<<   作成日時 : 2008/12/22 08:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ウォーターゲート事件の内部告発者「ディープ・スロート」が亡くなったことを前回取り上げたが、「ワシントン・ポスト」紙の追悼記事にあった straight arrow という表現について短く書いておきたい。

- Few could imagine such a straight-arrow career employee, known for enforcing the FBI's strict rules of behavior and demeanor, playing such a dangerous game.
(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/12/19/AR2008121900228_pf.html)

使われている単語と文脈とから、何となく「一途な」「一本気な」といった日本語を思い浮かべるが、あながち外れではないようだ。記事では形容詞として使われているが、名詞について次のような定義が辞書に載っている。

- a person who manifests high-minded devotion to clean living and moral righteousness
- a frank and honest person [syn: square shooter] [ant: liar]
- someone who is very honest and careful to behave in a socially acceptable way.
Friends describe Menendez as a straight arrow who rarely drank and was close to his family.
- a person who is very honest or who never does anything exciting or different
- Informal 1. A morally upright person. 2. A person regarded as being extremely conventional.
ETYMOLOGY: From the phrase straight as an arrow

英和辞典には、「堅物」とか「野暮ったい人」という訳、また「しばしば保守的・古くさい・鈍感さなどの意を含む」と書かれている。

以前 Deep Throat についてのボブ・ウッドワードの著書 "The Secret Man" を取り上げたことがある。その表紙写真の人物は「ディープ・スロート」の正体である Mark Felt だと思うが、その容貌からは、確かにお堅く融通がきかない人のようだなあ、という印象を受ける。


関連エントリ:
「ディープ・スロート」の死
「ディープ・スロート」の正体

The Secret Man: The Story of Watergate's Deep Throat
Bob Woodward
Simon & Schuster
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

straight arrow 英語の海を泳ぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる