テーマ:政治

福田総理についての英語

ネット上の英文記事から、福田総理を形容・説明する表現を集めてみた。この点で新総理は、小泉さんや安倍さんよりも興味がある。この2人の人物像と主張は、欧米メディアにとってわかりやすかったと思うが、福田さんは、いかにも旧来の日本の政治家というイメージを持たれているのではないか。そうした人がどう表現されているか、かえって学ぶところがありそうに思…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ぶっちぎり」のrunaway

去年、総理になることが確実視されていた安倍さんに関連して shoo-in という単語を取り上げた。それからちょうど1年が経ち、総理の座は福田康夫氏に移ろうとしている。ネット上の英文記事を読んでいたら、自民党総裁選で福田さんが断然優勢であることを表すのに、同じ shoo-in を使った例があったほか、違う単語を使った英文も見かけた。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「お友だち内閣」「仲良しクラブ」~安倍首相にちなむ英語表現

以前、相次いだ閣僚の失言がどう英語に訳されているかを調べて取り上げたことがあった。その際、安倍内閣に対する「仲良しクラブ」という批判の英訳を見つけたので、ついでに書いておいた。その後、類似の表現も目にしたので、そのうちにこちらも調べてまとめてみようかと思っていたら、安倍総理が辞任を表明してしまった。時機を逸してしまったが、せっかくなので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相の臨時代理を置かなくてもいいのだろうか

安倍総理が入院したと聞いた時、誰か代理をつとめるのだろうか、そうだとしたらやはり官房長官だろうか、などと考えた。その後、与謝野官房長官が「今回は臨時代理を置かない」と述べた、という記事を読んだ。理由は「総理に事故があった時や欠けた時」という規定に今回は当てはまらず、病院が近く連絡する方法はいくらでもあるから、ということだそうだ。しかし、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

職責にしがみつかなかった「美しい国」の総理大臣

先日、安倍総理が「職責にしがみつくことはない」と述べた際、言葉の使い方が変ではないかという指摘がいくつかネット上に載った。私も以前、総理が言った「慙愧に堪えない」について書いたことがあるが、今回は「職を賭して頑張る」ということをいいたいのだろうと思った。しかし坊っちゃん育ちという先入観もあって、「職といっても総理の椅子。辞めても失業する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辞書にのっていない選挙の表現

今度の参院選について、国内の世論調査をもとに海外メディアが伝えた記事を読むと、与党の形勢不利というトーンがより強く出ているように感じる。国内の記事だと、「態度未定の割合が多く、なお情勢の変化がありうる」というような説明が比較的はじめの方に出てくるが、英文だとポイントを絞って順番に並べていくので、印象が一層強まるのだろうか。 選挙な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

気になる安倍総理のカタカナ語

先日の安倍総理の就任会見について、ある全国紙にちょっと面白い記事が載っていた。26分間の会見の中で、安倍さんは「しっかりと」、および「~と思います」を、それぞれ三十数回口にしたそうだ。 「初会見で緊張していた」という見方がある一方、「自信のなさの表れでは」という専門家の分析もある、とあった。また、「しっかりと」で強調した決意を「思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよなら小泉さん (lionを含む表現いろいろ)

outgoing prime minister となった小泉さん。どう評価するかは別として、前例のないタイプの首相だったといっても異論は少ないだろう。その髪型と、当時のSMAPのヒット曲にひっかけたものか、「らいおんはーと」というメルマガを始めた時は驚いたが、「どうせ人気取り、そのうち立ち消えになるか、広報文の丸写しになるのが関の山」く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more