テーマ:科学

続・「へその緒」ではないumbilical cord

「へその緒」ではない umbilical cord の続きである。この言葉は、発射前のロケットにつながっている燃料補給や電気系統のケーブルのことも指す。また、こうしたケーブルを延ばしている発射台近くの塔は umbilical tower、ロケットに各種の作業をするための大型構造物は gantry と呼ばれる。 安全保障関連の情報を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「チャレンジャー」の事故とレーガン大統領の演説

星出さんが乗ったスペースシャトル「ディスカバリー」の飛行が先日無事終了した。シャトルといえば今も鮮烈に思い出すのは、もう二十年以上も前の出来事となったが、「チャレンジャー」爆発事故である。 青い空に向かって飛んでいくシャトルを追うカメラがアップに切り替わり、ほどなくして突如爆発が画面に広がる。カメラはすぐにまた広角に替わって、飛散…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらなる悪魔ghoulとその語源

前回取り上げた「悪魔」を表す単語の Lucifer は、もともとは「明けの明星」だったが、科学もの・宇宙ものの話が好きな私としては、もうひとつ、the Demon Star 「悪魔の星」 というニックネームを持つ星について取りあげたい。というのは、ghoul という英単語と関係があるからだ。 その星とは、ペルセウス座のベータ星 B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誤訳だった火星の「運河」

1年前に惑星の座から陥落した冥王星を発見したのは、当時書いたようにアメリカ人の Clyde Tombaugh だが、その存在を予想したのは彼の師である Percival Lowell という天文学者だ。 冥王星を表す記号はPとLの字を組み合わせたものだが、これは Pluto にかけてあると同時に、ローウェルの姓名の頭文字でもある。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

A-OK, roger !

宇宙飛行から連想した言葉について、もう1回だけ続けることにする。宇宙飛行士と地上とが取り交わす交信で一般にも有名になった言葉に、A-OK がある。 意味は in perfect condition; working perfectly で、all (systems) OK から来ていると英英辞典にある。使われるようになったのは M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アポロ計画の名文句を集めて

アポロ11号が月に到達した1969年7月、私はまだ小さく、西山千氏らが通訳していた放送にリアルタイムで触れたのかどうか記憶はないが、後日、「あそこに人間が行ったんだ」と子供なりに感動しながら夜空の月を見上げたことを今でも覚えている。今回も、アポロ計画にちなんで書くことにしよう。 go の指令を受けたアポロの月着陸船イーグルは、無事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Thunderbirds Are Go ってどういう意味?

先日の記事でティコ・クレーターのことに触れたが、そういえば人類が初めて月に第一歩を記したのは38年前の今の時期、7月20日のことだった。この時に同時通訳をした西山千氏も、今月初め鬼籍に入られた。偶然にも、今月は1969年7月と各日の月齢がほぼ同じだ。そんなことから、アポロ計画や宇宙飛行から連想した英語について綴ることにしよう。 宇…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「高貴な」ではない noble

読みかけのノンフィクションもののペーパーバックをぱらぱらめくっていたら、その昔丸暗記した元素周期表 (periodic table of the elements) を載せたページがあった。本文より小さい活字で説明がついている。こうした説明文は面倒くさいのでたいていは飛ばしてしまうが、今回はたまたま目にとまった単語があった。その文を書き…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

幻の「第10惑星」の名前決まる

冥王星より遠くて大きく、発見当時「第10惑星か!」と言われた天体 2003 UB313 の名前が Eris に決まった。これまで Xena というニックネームで呼ばれていたが、発見チームの正式名称の提案が、このほど国際天文学連合で認められたという。 英文記事では発音を ee-ris と表記して説明しているが、由来となったギリシャ神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよなら冥王星

惑星の定義をめぐる国際天文学連合の討議は、予期しなかった展開になった。惑星の数を12に増やすどころか、冥王星を惑星からはずすという、いわば逆の結論を出してしまった。 日本の国立天文台のサイトを見ると、議論が最初から揉めていたことがうかがえる。先日紹介した pluton という単語の問題点についても触れられている。 http://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「水金地火木土天海冥」は英語で何というか

太陽系の惑星の新しい定義が24日に国際天文学連合の総会で採決される。冥王星に似た特徴を持つ天体が他にも次々と見つかったことなどから、惑星の定義をしっかり定める必要が出てきたためだという。原案通り認められれば、惑星の数は今の9から12に増える。 高校生の時には理数系科目で何回か赤点を取ったのに、宇宙をはじめ科学ものの話は大好きとあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more