テーマ:クラシック

【CD】 「バッハの宮廷音楽」

アンサンブル音楽の領域vol.3 バッハの宮廷音楽アーティスト: 武久源造,バッハ,砂山佳美,桐山建志,大西律子,西澤央子,上田美佐子,十代田光子,西澤誠治出版社/メーカー: ALM RECORDS発売日: 2009/01/07メディア: CD人気作の「ブランデンブルク協奏曲第5番」と「管弦楽組曲第2番」を一緒に収めているので、初めは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バッハの宮廷音楽」(武久源造)

人気作の「ブランデンブルク協奏曲第5番」と「管弦楽組曲第2番」を一緒に収めているので、初めは「今どき珍しい、売れ筋狙いのCDか」としか思わなかった。しかしカプリングの「音楽の捧げ物」(一部)がフォルテピアノによる演奏とあったので、俄然興味がわき購入した。 バッハと鍵盤楽器といえば、オルガンかチェンバロと相場が決まっている感がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そんなバカな! (Pigs could fly.)

CD店をぶらぶらしていたら、「ブタが飛べた」という邦題の帯がついた輸入盤が目にとまった。瞬間的に、原題は Pigs could fly. というイディオムに違いない、と思った。ジャケットを見たら、羽根の生えたブタが飛んでいる絵とともに、まさしくこの英語が書かれていた。 この表現、「まさか」「信じられない」といった意味である。CDは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ゆらこめ」 (読んだ本)

クラシック音楽のCD評を綴った「ゆらむぼの部屋」というサイトがあった。ある日久しぶりに訪れたら、そこに書かれていたのは「ゆらむぼ」さんが急逝したという家族の方の文だった。 気に入っているサイトの更新が途絶えただけでも、書いている人に何かあったのだろうかとちょっと心配になるが、筆者が亡くなるとは衝撃というより他にない。我が目を疑った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブランデンブルク協奏曲」のDVD

concerto を辞書で引くと、harmonize を意味するイタリア語に由来するとある。ソロ奏者が中心的存在となりがちな協奏曲だが、年末年始の休みに見た「ブランデンブルク協奏曲」の新しいDVDは、もともとの意味を思い起こさせてくれるような内容だった。 バッハのこの名作はバロック時代の作品だから、ソロ楽器と管弦楽の線引きが明確に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more