テーマ:ニュース

オバマ宣誓の「とちり」

前回に続いて、オバマ新大統領の就任式について。今回の宣誓では、連邦最高裁長官が決められた文言の語順を誤り、それを復唱するオバマも言葉に詰まるひと幕があった。 私も中継を見ていたが、宣誓の最初のところでオバマがやや勇み足気味となり、John Roberts 長官と息が合わなかった。さすがのオバマも緊張していたのだろうか。 これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

派手さはなかったオバマ就任演説

演説は抑え気味、やや盛り上がりに欠けたというのが、オバマ新大統領の就任式を見た直後の正直な感想だった。実際に熱狂渦巻く会場にいたら違った印象を持ったのだろうが、テレビで演説だけを見た限りでは、新大統領が直面する現実、課題の大きさをあらためて思い起こさせるものに感じられた。 式典が日本時間の未明で私も眠かったせいかと思ったが、半日以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「2008年英単語大賞」は bailout

"Word of the Year" の発表は毎年この時期の楽しみである。The American Dialect Society が前年を象徴する言葉を選ぶものだが、今回は金融危機を反映して bailout が最も票を集めた。確かにこの単語は去年後半いやというほど目にしたので、選ばれたのは順当というべきか、残念というべきか。 -…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「靴投げ」とbookend

前回同様、TIME 誌の最新号から取り上げる。先日イラクを訪問したブッシュ大統領が、地元記者から靴を投げつけられたという騒動を取り上げた記事に、次のようなくだりがあった。 - When the next history of Iraq is written, the chapter on the stormy years foll…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

put into writing, put into words

「タイム」誌の "Person of the Year" はオバマ氏だった。アメリカで大統領選挙がある年は、そうでなくても勝者が選ばれる傾向にあるが、とりわけ今回は「やはり」という感じである。 私もネットで読むのではなく冊子を一部買ってきたが、長い特集でもあり、まだちゃんと読んではいない。ということで、"Person of the…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ディープ・スロート」の死

Deep Throat が亡くなった。ウォーターゲート事件でニクソン大統領が辞任するきっかけをつくった内部告発者である。ケネディ大統領暗殺の真相などと並ぶ、アメリカ現代史の謎のひとつだっただけに、数年前に正体が明らかになった時は驚いた。これについては、以前ここで何回か書いたこともある。 1972年、ワシントンで起きたある不法侵入事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

brown-water navy

CNNをつけっぱなしにしたまま部屋でくつろいでいたら、"brown-water navy" という言葉が耳に飛び込んできた。blue water, blue-water は知っているが、brown を使うものもあるのか、と思わず身を起して画面を見た。 集中して聞いていたのではないので具体的な使われ方は聞き逃してしまったが、最近問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケネディ議員の民主党大会演説

アメリカの民主党大会で、脳腫瘍を患うケネディ上院議員が演説していた。こうした場に姿を見せるのは最後では、という空気が会場にはあっただろうし、凶弾に斃れた兄の、そして自身が行った過去の演説を思わせる表現を使っていたのが、より印象を深めたように感じられた。 登壇したケネディ議員は、病気には直接触れなかったものの、それをおしての出席であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

presumptive nomineeとは

外国語を学んでいて難しい(と同時に面白い)のは、ある言語で一語で済んでしまう事柄が、別の言語ではいくつかの言葉を使わないと的確に表現できない場合があることだ(そして、その逆もありうる)。そこで連想したのが、アメリカ大統領選挙の英文記事で時おり目にする presumptive という形容詞である。 私が最近読んだ記事から抜き書きして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ケネディ議員の脳腫瘍報道を読んで

生きている人の死を語ることは、日本では不謹慎あるいは非常識と受け取られると思うが、先日、アメリカのケネディ上院議員に悪性の腫瘍が見つかったことを報じる英文記事を読んでいたら、こうしたことがかなりはっきりと書かれていたので、ちょっと驚いた。 その記事はAP通信社のものだが、冒頭から、いきなり治癒の、というより余命の見通しについて触れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トイレより汚いキーボード(qwerty)

先日ネットで目にした記事で qwerty という単語を知った。「クワーティ配列のキーボード(の)」と辞書にあるが、要は上段左側のキーが q, w, e, r, t, y と並んでいる一般的なキーボードのことである。文字をそのままつなげただけなのが面白い。ITに詳しい人にはおなじみの言葉なのだろう。 "Your Keyboard: …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IED(辞書に載っていない単語)

少し前に、軍艦だの迫撃砲だのと、ちょっと物騒な言葉について書いたが、今回は対テロ戦争で覚えた IED という単語を取りあげたい。比較的新しい時事用語とあってか、近所の書店で目に留まったいくつかの英和辞典を見た限りでは、載せているものはないようだ。 improvised explosive device の頭文字を取ったもので、あり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矛になったイージス(aegis)

衝突事故に巻き込まれた乗り物は潰れる、というイメージを持っていたが、先日起きたイージス艦の事故では、漁船の船体が2つに切断された形になっていたので驚いた。aegis とはギリシャ神話の大神ゼウスが持つ「盾」で、転じて「保護」も意味するが、防衛システムの名称に使われ、今やこちらの方がよく知られているのではないかと思う。 Wikipe…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「オバマ氏を小浜市が応援」をめぐる誤(?)報

バラク・オバマ氏の名前を聞いた時、頭に浮かんだのは「小浜」の字だった。おやじギャグになるので自重していたら、福井県小浜市がオバマ氏を応援していると伝えられるようになった。候補者の快進撃を受けてか、外国メディアも競うようにこの話題を取りあげている。しかし読み比べたら、記事の間に無視できない食い違いがあることに気づいた。 まずは、アメ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

トレンドを占うbellwether

今年のアメリカ大統領選挙戦は、この国に特別な関心を持っているわけではない人にも、アメリカが統合よりも分散へ向かっていると感じさせるものではないかと思う。有力候補者の顔ぶれは、民主党が性差と人種について、共和党が保守の度合いについて、それぞれ選択を迫る。そして今回のスーパーチューズデーで明確な勝者はおらず、人びとの拡散ぶりを印象づけるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヒロシマ」を伝えるアメリカ人

広島にはこれまで何回か行ったことがある。そのたびに平和記念資料館に足を運んだ。「ヒロシマ」の惨禍を今に伝えるこの資料館は、広島市が出資する財団法人広島平和文化センターが運営しているが、この春、その理事長に初めてアメリカ人が就任した。 …ということを私が知ったのは Steven Leeper 氏の就任からだいぶ経ってからだったが、「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「カメラ」ではないcamera

参院選は、世論調査による underdog effect もなかったようで、予想以上ともいえる自民党の大敗で終わったが、今回も参院選についての英文から単語を取り上げてみよう。 Polling stations opened across the country Sunday morning for 121 of the seats…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

オンになったマイク (open mic) に気づかず問題発言

今月12日にデトロイトで行われた大統領選挙候補者による討論会で、ヒラリー・クリントン上院議員とエドワーズ元上院議員が交わした、「弱小候補は参加させない方がいい」という私的な会話が会場のマイクで拾われてしまった。 ちょうど1年前には、サミットでブッシュ大統領とブレア首相(当時)が同じような「うっかり」を演じ、私も日記で取り上げたこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「消えたズボン」裁判とpantsさまざま

極端な例をもとに物事を一般化するのは慎まなくてはならないが、こんなニュースに触れると、やはりアメリカの社会はどこか病んでいるのではと思ってしまう。クリーニングに出したズボンを紛失されたからと店を訴えた損害賠償の判決が先日あったが、70億円近くに相当する請求額に驚き、しかも訴えを起こしたのが法を司る判事と知って、さらにびっくりだ。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

農水相の自殺は「慙愧に堪えない」?

松岡農水相が自殺した。現職閣僚が自ら命を絶つのは戦後初めてということで、やはり驚いた。カネをめぐる疑惑が指摘されていただけに、動機については憶測を呼ぶことと思うが、それはそれとして、ニュースを見ていて気になったのは、安倍総理が記者団に話した、「慙愧に堪えない」というコメントである。 聞いていて、何となくしっくりこないように思った。…
トラックバック:4
コメント:7

続きを読むread more

「震源」と「震源地」はどう違うのか

石川県沖を震源とした震度6強の地震が起きた。英語で「震源」は epicenter だと思う人もいるだろうが、はたしてそれでいいのだろうか。 地震国日本とあってか、今回の被害は海外のニュースサイトの中にもかなり大きく扱っているものがあった。BBCのサイトを見てみよう。 - The Japan earthquake struck…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「プリンセス・マサコ」と日本政府の対応

ここ数日間の新聞(日本語)を見返していたら、雅子皇太子妃について書かれた本 "Princess Masako - Prisoner of the Chrysanthemum Throne" には事実誤認が多いとして、外務省と宮内庁が、著者のオーストラリア人記者 Ben Hills と出版社に抗議文を送ったという記事が目に留まった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

demeanor, deliver

次の国連事務総長に韓国のパン・ギムン(潘基文)外相が決まったと先日書いた。パン氏は18歳の時にケネディ大統領と会い、外交官になりたいと思ったという。その温厚な物腰が評価される一方、強い指導力を発揮できるかという声もあがっている。 本人もこうした声は意識しているのだろう、決定を受けた演説では、modest demeanour の人と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Take me to your leader.

韓国の潘基文(パン・ギムン) Ban Ki-Moon 外相が次の国連事務総長になることが確実となったが、The Economist 誌のサイトに "Take me to your leader" という関連記事が載っていた。このタイトルは一種の決まり文句だが、目にした限りでは、説明している英和辞典は見当たらないようだ。 この "T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島市長の平和宣言

今年も、ほどなく8月6日、そして9日がやってくる。 以前、紛争や対立を抱えていたり、対米関係が悪かったりする国々を訪れた際、現地の人から、「日本は原爆を落とされたのに、なぜ今はアメリカの側についているのか」と聞かれたことが何回かあった。 そのたびに、回らぬ頭と舌で、自分なりになんとか説明しようと苦しんだが、こうした人たちは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more