緒方貞子氏、および speak と say のことなど

いわゆる「国際人」をめぐっては、定義を含めていろいろな意見があるだろうが、私がまず頭に浮かべるのは緒方貞子氏である。日本のJICAが組織統合で世界最大の援助機関となったのを受けて、理事長をつとめる緒方氏を取り上げた「ワシントン・ポスト」の記事が目にとまった。

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/09/29/AR2008092903203.html?sub=AR

この中で緒方氏は、援助の問題にとどまらず、少子高齢化など日本の現状に対する政治家の姿勢に苦言を呈している。例えば、

- Yet Japanese leaders have done "nothing" to increase immigration, "nothing" to ease the strain on working mothers and "nothing" to change a work-obsessed culture that keeps many young couples from having children, she said.

"Everybody knew this was happening," she added. "Nothing was done. Do we have political leaders who are farsighted? No!"

同じような批判を評論家が偉そうに口にしたならば、天の邪鬼な私は何となく反発したくなるだろうが、緒方氏の意見だと重みを感じ、耳を傾けたくなる。国連難民機関のトップとして、デスクに座るのではなく現場を駆け回っていた緒方氏の姿にはやはり強い印象を持っていた。

緒方氏は名家に生まれて海外に育ち、当時としては例外的であろう高水準の教育を受けた人物であるが、ただそれだけで危険な紛争地に何度も足を運び、各国の政治家と渡り合うことができるわけでもなかろう。noblesse oblige (benevolent, honorable behavior considered to be the responsibility of persons of high birth or rank)というフランス語由来の単語があるが、はたして緒方氏に使うのに適切といえるだろうかとも思う。今後も永く精力的に活動を続けていただきたいものである。

ところで会社勤めとしての余談だが、「長」がつく人がしばしば現場に出てくるのはちょっと困りものだ、というのが本音だ。しかし、そういう人の「鶴の一声」で、皆が(時に死ぬ思いで)努力した結果、なかなか進まなかったプロジェクトが予想もできなかったような前進を遂げることがあるのも事実である。人間なり組織なりは(例外もあろうが)やはり圧力や負荷をかけられないとなかなか動かないものなのではないだろうか。

私は国連について詳しいことは知らないが、その崇高な目的や理念の一方で、官僚主義の肥大と非効率な組織運営が慢性化しているのが現実だと聞く。緒方氏が現場主義だったのも、そうした実態を目の当たりにして、組織に風穴をあける狙いも持っていたのだろうか。

最後に英語についてだが、今回の記事に、こんなくだりがあった。

- But unlike many high-powered U.N. officials, Ogata never mastered the art of speaking at length while saying nothing.

at length は for a long time and in detail と英英辞典にある。文脈によっては「だらだらとしゃべる」という感じだろうか。art はまず「芸術」「美術」と覚える人が多いだろうが、「技術」「要領」「わざ」「コツ」という意味もある。

master は acquire complete knowledge or skill in (a subject, technique, or art) また gain control of; overcome と辞書にある。日本語ではちょっと英語ができれば「英語をマスターした」ということがあるが、英語だと生半可な程度では master は使えない、とはよく聞くことである。

…というように、この文を見ていくつか頭に浮かんだことはあるが、やはり面白いと思ったのは speaking at length while saying nothing という言い回しである。speak と say の違いは、と問われても明確に答えられない私だが、少なくともここでは、speak は「発話する」、say は「意味のあることを言う」といった感じで使い分けられているようである。


参考エントリ:
artfulとartless
Artful DodgerとSlick Willie
「少年老い易く学成り難し」(brevity)
「ラテン語・外来語」一覧