cause celeb (辞書に載っていない単語)

アメリカの民主党大会が終わったと思ったら、今度は共和党のマケイン氏が抜擢した女性の副大統領候補が話題をさらっている。大統領候補を補完するような人物という点からは究極の選択だが、事実上無名であり、賭けに出たものだと思う。今回は、この人選を伝える英文記事で目についた単語を取り上げたい。

- But perhaps most importantly, McCain's bold move transformed the campaign of a 72-year-old white man into a potential cause-celeb for independent women, who will play a crucial role in determining the next occupant of the White House.
(http://www.time.com/time/nation/article/0,8599,1837657,00.html)

この cause-celeb という単語は何なのか。先日あげた「アンカーコズミカ」を含め、手持ちの辞書には載っていない。オンラインの辞書にも見当たらなかったが、ようやく Wordspy という語彙のサイトに記述があるを見つけた。

- celeb v.
1. To have many celebrities in attendance.
2. To send a picture of a celebrity whose name is a rhyming slang code word.
3. To use one's celebrity status to promote a product or cause. Also: cause-celeb
http://www.wordspy.com/words/celeb.asp

これは動詞だが、この定義から、何かの宣伝や社会活動に関わっている有名人を指す名詞としても使われるのではないか、と想像した。

そしてネットで、それらしい例がいくつか見つかった。

- Thanks to her championing of his work, this cantankerous drunkard, became a cause celeb on the New York art circuit.
(http://www.bbc.co.uk/leicester/entertainment/movies/2002_06/21/pollock_ed_harris_review.shtml)

- Cause Celebs
The truth about celebrity fundraisers -- A behind-the-scenes look at the world of Hollywood's charity benefits (見出し)

- cause celebs like U2 frontman Bono

ボノといえば、貧困やエイズ、環境問題などでの活動をニュースなどでよく目にするが、音楽活動の方は最近どうなっているのだろう。

こうした「慈善セレブ」がどうも「偽善セレブ」に見えてしまうのは、私が島国の小国に生まれ育った小市民だからだろう。・・・といったことを書きたくなること自体、まさに島国の小市民らしい卑屈な態度というべきであろうか。他人のために自分の時間とカネを使うのはなかなかできるものではない、と素直に感心すべきなのだろう。

余談はともかく、この表現の名を冠した団体もあった。
http://www.causeceleb.co.uk/aboutus.php

さてそれでは、冒頭の英文にあった cause-celeb は上記のような意味で受け取ればいいのだろうか。マケイン氏、あるいは一躍脚光を浴びたペイリン氏がセレブの扱いを受けるということか。しかし、この単語が指しているのはマケインの選挙運動についてであり、どうも「セレブ」と取ると文脈にそぐわないように思える。

ということで、さらにこの単語について調べてみたのだが、長くなってきたので、謎解きの続きは次回にする。


参考エントリ:
「辞典に載っていない表現・説明」一覧