「白紙」の英語さまざま

前回の例文に出てきた with a clean slate は、文脈によって「白紙の状態で」と訳せるだろうが、「白紙」ということで back to the drawing board という表現を思い起こした。「振り出しに戻って」「一からやり直す」ととらえてもいいだろう。

次は私の学習メモから、以前取り上げたことがある "Rise of the Vulcans" というノンフィクションにあった実例である。

At the end of 1991 the Soviet Union broke up and disappeared. That sent Pentagon planners back to the drawing boards once again.

さらに、オンライン辞書にあった説明や例文を抜き書きしておこう。

- back to the original or an earlier stage of planning or development:
Our plan didn't work out, so it's back to the drawing board.

- A saying indicating that one's effort has failed, and one must start all over again:
The new package we designed hasn't increased our sales as we'd hoped, so it's back to the drawing board.

- If you go back to the drawing board, you have to start planning a piece of work again because the previous plan failed.
If the education reform is too expensive to implement, it's back to the drawing board for the committee.
Our proposal might not be accepted, in which case we'll have to go back to the drawing board.

ちなみに、「最初から」ということでは from scratch というイディオムもある。

さて、フランス語に由来する言い回しで、まさに「白紙」なのが carte blanche である。「白紙委任状」「全権委任」「自由裁量」「すべては任せた、好きにしてよろしい」ということになる。

- freedom to act: permission or authority given to somebody to act with freedom or discretion
She's been given carte blanche to make whatever changes she thinks necessary.

- To be given “carte blanche” is to receive the power and authority to do as one wishes:
“The prime minister herself did not take any action on the refugee issue but gave her minister of the interior carte blanche to deal with the situation.”


- The term carte blanche is French for "blank paper" or "white card." The one using the blank sheet presumably has total control over what is written on it, hence the meaning of "total freedom" or "control."

「白紙」ではないが、さらに連想したのが rubber-stamp である。「ゴム印を押す」ということだが、ここから「深く考えずに形式的に承認する」ということになる。

- DISAPPROVING to approve (something) without giving it much thought
Congress is not going to simply rubber-stamp any policy the president proposes.

- (colloquial) to process, approve or decide matters routinely rather than through careful consideration
They usually just rubber stamp orders under $100.

- noun (DISAPPROVING) an approval given without much thought:
You want the minority community to give this proposal its rubber stamp.

ところで、rubber-stamp にあたる日本語の表現「めくら判」は、差別用語ということで使われなくなっているようだ。英語の blind も、ネイティブスピーカーの中には visually-impaired などと言い換えるべきという人がいるようだが、一方で 「blind は問題ないし、visually-impaired とは意味あいも異なる」という考えを複数のネイティブから直接聞いたことがある。

また、はっきりと blind を言ってほしい、 visually-impaired などの言い換えはまやかしであり使ってほしくない、とする視覚障害者の英文も目にした。いわゆる PC (political correctness) の問題は、相手や状況にもよるもので、一律に決められるとはいえない難しい面もあるのではないか、と門外漢なりに考えた次第である。


参考:
clean slateと「タブラ・ラサ」
適格であっても unqualified
「ラテン語・外来語」一覧