「井戸端会議」あれこれ

前回の shoot the breeze と同じ意味を持つのが shoot the bull である。この bull は「むだ話」「ナンセンス」と取ったほうがしっくりくるように思う。bullshit から来たのかと思ったが、「ジーニアス大英和辞典」には「古フランス語 boule (ばかばかしい冗談)より」とあって、牛の bull とは由来が違うらしい。

また bull session は「(男同士の)雑談、ざっくばらんな話しあい」 an informal discussion (usually among men) と辞書にあるが、この bull も牛ではない方から取られたのではないか。

ついでに bull には証券取引などでの「強気」という意味もある。こちらは牛のイメージから来たものか。反対の「弱気」は bear で、どちらも面白い。

shoot the breeze/bull や bull session を取り上げたついでに自分の学習ファイルにあたったら、「雑談する」「おしゃべりをする」に当たる表現がいくつかメモしてあった。忘れていたものもあるので、おさらいの意味でここに書きとめておこう。

- chew the fat
to chat idly or generally waste time talking
We're not supposed to waste time chewing the fat with the customers.

下記のサイトにもう少し詳しい薀蓄が書かれている。
http://www.word-detective.com/092403.html#chewthefat

- watercooler chat [gossip]

冷水器のまわりに集まって雑談に興じる、ということだろうが、まさに「井戸端会議」に似ていて面白い。井戸はほとんど過去のものになってしまったが、給水器にせよ給湯器にせよ、水の出るところに人が集まってうわさ話に花を咲かせる、というのは人間の習性なのだろうか。ただ、あらためてネットで検索したら、それほどヒット数は多くなく、どれだけ広く使われているのは自信がない。この表現をどこで拾ったのかは覚えておらず、ノートにもメモしていなかった。

- gabfest
1. meeting for chat: an informal gathering where idle chat or gossip is exchanged 2. long conversation: a long informal chat or discussion
The student's simple question started a gabfest among the pundits.

- gab
chat idly: to talk at length about trivial matters ( informal )
We just sat there gabbing all afternoon.

ついでに gabble は 「早口で不明瞭にしゃべる」 to speak quickly and not clearly so that it is difficult to understand ということだそうだ。

さらに思い立って、電子辞書の「研究社和英大辞典」で「井戸端会議」を引いたら、

housewives' gossip; back-fence [backstairs] gossip; a coffee klatch

とあり、ふうん、こんな言い方もあるんだと思ったが、このうち見慣れない単語が最後の coffee klatch である。

klatch (または klatsch) は辞書に「おしゃべり」「井戸端会議」とあり、字面から想像した通り、ドイツ語由来の単語だった (gossip を意味する Klatsch から)。英英辞典には a casual gathering of people, esp. for refreshments and informal conversation などと説明されている。


参考:
油を売るshoot the breeze
「ラテン語・外来語」一覧