reach for the starsは「高望みする」か

誤用かもしれない astronomical chance の実例について前回取り上げたが、ここから連想した表現がある。star という単語が使われているうえ、私は最初に誤ったイメージで記憶し、後に unlearn するはめになったからだ。reach [shoot] for the stars というイディオムがそれである。

私は最初、この表現を「高望みをする」として覚えた。イディオム集か何かにそう書いてあったからだ。そしてこの訳語から、自分の力では到底かなわない、身の程知らずの望みを抱くというように思い込んでいた。国語辞典で「高望み」を引くと、「身分や能力を越えた高い望みをもつこと」と並んで「分不相応な望み」とあるので、そうとらえたとしても大きな間違いとはいえないと思う。

この表現が実際に使われた例には長らく出会わなかったが、ようやくある日、実例を目にした。自分がとらえていたようなネガティブなニュアンスではなかったので意外に思った。

その実例はメモしておかなかったので今となっては具体的にはわからないが、その後、ネイティブスピーカーに会った際に尋ねたら、前向きな姿勢について使ってもおかしくないという答えだった。

ネットを調べてみると、次のような例が見つかる。

- There used to be a saying that if a man had great ambition, he was "reaching for the stars". The idea was that he was so eager to succeed he was willing to try the impossible, to reach for the stars.
(http://macscouter.com/Scoutmaster/SM_Minutes_P2.asp#45)

- I love the phrase “Reach for the Stars!” It conjures up images for me of magic and seems to open the doorway to amazing possibilities.
(http://radiantlifecounseling.com/blog/2008/01/16/reach-for-the-stars/)

手持ちの英和辞典を見ると、「できそうもないことをしようとする」「不可能なものを得ようとする」といった訳語を載せているものがある。「高望み」より多少は中立的な感じといえるだろうか。英英辞典には、次のように記述されている。

- have high or ambitious aims

- reach for the moon/stars
to try to achieve something that is very difficult
If you want success, you have to reach for the moon.

reach for the stars の意味について、「そんなこと当たり前ではないか」と思われる人は、読み飛ばしていただければ結構である。書きたかったのはむしろ、中途半端な訳語で単語・表現を覚えると思わぬ回り道をしかねない、ということにある。


参考:
謎のastronomical