「伝説」とlegend

先日、phenomenon と「現象」について書いたが、それからの連想で頭に浮かんだのが legend である。私は単純に「伝説、古くからの言い伝え」というように覚えたが、英語に触れるにつれて、そうした訳にそぐわない例を見聞きするようになった。

形容詞の legendary には、「伝説上の」とあわせて、「伝説に残るような、有名な」 (very famous and talked about a lot by people, especially in a way that shows admiration) という意味があるが、そちらの意味にあたる名詞と考えればいいだろうか。英和辞典には、「語り草」といった訳が載っている。

TVドラマ Star Trek については、これまでも何回か書いているが、新しいシリーズのレギュラー出演者の座を射止めた俳優が、「なぜオーディションを受けたのか」という質問に対して、"I wanted to be part of the legend." というように答えていたのを雑誌で読んだことがある。

ホンネを端的に言えば、「人気番組のレギュラーとなって有名になりたい」ということだろうが、面白い言い回しだと思った。日本語ではどういえばいいだろうか。「語り伝えられる存在になりたかった」ではちょっと重いか。

もっとも先日の phenomenon と「現象」と似て、「伝説」という日本語も、現在進行形的な意味で使うようになっている。英語の legend や legendary に引っぱられたものかもしれない。「伝説のロックバンド」というような言葉は、別に「かつては事実として信じられてきた古い言い伝え」ではなく、実在する人物・グループについて使われている。

"I wanted to be part of the legend."も、難しく考えずに、「伝説の仲間入りをしたかった」とでもすれば、いまや十分自然な日本語といえるかもしれない。

ついでだが urban legend という言葉を初めて目にした時、文脈から「まことしやかな話、まゆつば話」を指すらしい、とあたりをつけていたら、その後、そのままの「都市伝説」という日本語を見聞きするようになった。国語辞典で「伝説」を見ると、「風聞」「うわさ」という意味も載っているので、別に外れているわけではないようだが。

「伝説」といえば、古ノルド語に由来するという saga もあるが、「サーガ」というカタカナ語も見かけるようになっている。

ついでに、legend には「写真の説明」「キャプション」という意味があることを付け加えておきたい。

追記(2008年3月):
「キャプション」を意味する legend については、下記に少し詳しく書いている。
冷たくても「湯気」というのか、およびlegendについて


参考:
「現象」としたくないphenomenon