「レンガとセメント」のもうひとつの意味(bricks and mortar)

先日取り上げた mortar は、「迫撃砲」のほか、日本語にもなっている「モルタル(セメント)」のことでもあるが、これをレンガと組み合わせたのが bricks and mortar という表現である。文字通りの「建築資材」のほか、オンラインショッピングのビジネスと対比して、「店舗を構えた従来型企業」を指す。

英語による説明としては、例えば、

- (uncountable) Buildings and property for the conduct of business, particularly in the sale of retail goods to the general public. Used to contrast an internet-based sales operation that lacks customer-oriented store fronts and a "traditional" one for which most capital investment might be in the building infrastructure.

- Brick and mortar refers to a company which possesses a building for operations. The phrase can be a misnomer since not all buildings are physically constructed from bricks and mortar.

In the jargon of eCommerce, brick and mortar businesses are companies which have a physical presence (for example, a building made of bricks and mortar) - which offer face-to-face consumer experiences.

実例については、例えばこちらのサイトを。
http://idioms.thefreedictionary.com/bricks-and-mortar
http://www.wordspy.com/words/bricks-and-mortar.asp

これをもじって、clicks and mortar という言葉も生まれている。実際の店舗とネット販売の双方を構えているビジネスのことである。

- This term is used as the basis for the term clicks and mortar, a business that sells products and services on the Web as well as from physical locations.

例文をあげているサイトとしては、
http://www.wordspy.com/words/clicks-and-mortar.asp

なお、bricks and mortar について、ある英和辞典は「不可欠なもの」「基本的なもの」という意味をあげていた。単語から連想してうなずける意味ではあるが、オンラインの英英辞典を含めて見た範囲の辞書では他に見つからず、ちょっと謎である。


参考:
mortarとmotor