英語版「山田太郎」あれこれ

前回取り上げた six-pack の関連でもうひとつ。英和辞典のこの単語の項に Joe Six-Pack, Joe Sixpack を参照、とあったのでそちらを見ると、アメリカの俗語として、「(6個で1パックのビールを飲む)普通の人、典型的な人;中下流階級の男性」とあった。

英英辞典の説明は、

- Slang. the average or typical blue-collar man

- a lower-middle-class or blue-collar male
Etymology: from average 'Joe' watching TV with a six-pack of beer
Usage: derogatory slang

- a name for a hypothetical ordinary working man
Joe Sixpack doesn't care about that.
[Because such a man supposedly buys six-packs of beer]

などとなっている。

さらに連想したのが、John Doe (女性なら Jane Doe)という表現である。普通の人、不特定の人、また身元不詳の人を表すもので、ご存知の方も多いのではと思う。

- a man or boy in a legal proceeding whose identity is either not known or not revealed

- Law, chiefly N. Amer. an anonymous party in a legal action

- an average man affected by everyday events ( informal )

- N. Amer. informal a name used to represent a person in a hypothetical situation

由来については、次のサイトが参考になる。といっても、はっきりしたことはよくわかっていないらしい。
http://www.worldwidewords.org/qa/qa-joh2.htm
http://www.word-detective.com/112701.html#johndoe

ちなみに、私は何かの翻訳で「ジョン・ドウ氏」と書かれているのを見たことがある。この英語表現を知らない人にとっては、聞きなれない名前が突然出てくることになり、不親切ではないだろうか。

また学生時代に、「(アメリカの)典型的一般市民」という意味を持つ John Q. Public、また「署名」という意味の John Hancock というアメリカ英語の表現を学んだ。どの辞書に出ているが、なぜか個人的にはどちらも実際に使われた例に触れたことがない。

- the average or typical U.S. citizen:
an entertainment aimed at Mr. and Mrs. John Q. Public.
[Origin: 1935-40, Americanism]

- Informal. a person's signature:
Put your John Hancock on this check.
[Origin: 1840-50, Americanism; named after John Hancock, from the boldness and legibility of his signature]

- Named for John Hancock, the first person to sign the United States Declaration of Independence. According to legend, he signed his name largely and clearly to be sure King George III could read it, causing his name to become an eponym for "signature". However, other examples show that Hancock always wrote his signature this way.
( http://en.wiktionary.org/wiki/John_Hancock )

一方、私が読んだ記憶があるのは Joe Bloggs という言葉が使われた例だが、調べたら、おもにイギリスで使われるようだ。次の説明の注によれば、実際には珍しい姓だというのが面白い。

- (mostly UK) a personification of the general public, or of an average ordinary person
Note: Bloggs is actually a very rare surname.

ついでに連想した表現として、Tom, Dick and Harry はイディオム集でよくお目にかかるものではないだろうか。しばしば every や any をつけた形で出ており、「猫も杓子も」という訳語も定番だろうか。

- anyone, especially people that you do not know or do not think are important.
Draw the curtains or we'll have every Tom, Dick and Harry peering through the window.
I want a qualified plumber to do the job, not just any Tom, Dick or Harry.

最後に、以前 Johnny を使った表現について書いたことがあるので、興味のある方はご覧いただけたら幸いである。


参考:
ダメ生徒の代表ジョニー君
six-pack(数にちなんだ表現)
「数にちなんだ表現」一覧
「固有名詞にちなむ表現」一覧