「失言」の英語さまざま

安倍内閣の閣僚が述べた失言について前回書いたが、一連の記事の本文や見出しには、「失言」を意味する単語・表現がいろいろ出てきて参考になるので、列挙してみよう。このうち faux pas は以前ちょっと触れたことがある。

- the latest verbal blunder

- Kyuma slipped up by saying publicly that...

- Yanagisawa made the faux pas during a speech on population issues on Jan. 27.

- display signs of foot-in-mouth disease

- Loose lips may be sinking Abe's ship; Japan leader moves to plug gaffes in his government

- Abe's Cabinet's may be affected by the "gift of the gaffe"

- Justice Minister Jinen Nagase also started the gaffe ball rolling

以下は余談だが、私は、政府や内閣といえば何でもかんでも批判、という立場を取るものではないが、最近のゴタゴタを見ると、安倍総理は、重みというか、統率力が欠けていると思わざるを得ない。

自分が学校で学んでいた時、また社会人になってからのことを考えてみても、組織とは単なる自由放任や「仲良しクラブ」では駄目で、やはり睨みのきく人がいた方が締まるものだと感じている。あくまで日本社会についての一般論だが。

「仲良しクラブ」といえば、ある記事にはこんな表現があった。

- Abe came under fire when he took office in September for creating a "crony cabinet" of lawmakers who had supported his bid to become prime minister.

crony は a close friend, companion という意味で、 cronyism だと the situation in which people in power give jobs to their friends ということになる。


参考:
失言はどう翻訳されたか
「お友だち内閣」「仲良しクラブ」~安倍首相にちなむ英語表現
「スシ・ポリス」がやってくる