光でくしゃみ(辞書に載っていない表現)

「くしゃみ」からさらに余談気味の連想を続ける。太陽を目にすると思わずくしゃみが出るという人がいると思う。一般の辞書には載っていないようだが、この反応を photic sneeze reflex と呼ぶ。achoo syndrome ともいうらしい。

Photic sneeze reflex: A disorder, also known as the achoo syndrome, characterized by nearly uncontrollable paroxysms of sneezing provoked in a reflex fashion by the sudden exposure of a dark-adapted subject to intensely bright light, usually to brilliant sunlight. The number of successive sneezes is usually 2 or 3, but can be up to about 40.
( http://www.medterms.com/script/main/art.asp?articlekey=15801 )

Wikipedia にもこの項目がある。
http://en.wikipedia.org/wiki/Photic_sneeze_reflex

この記述の中では、別名が ACHOO syndrome と大文字で書かれている。これは achoo にひっかけて Autosomal dominant Compelling Helio-Ophthalmic Outburst syndrome という言葉をあててあるからだそうだ。

また Wikipedia には、

The first mention of the phenomenon is probably in the later work attributed to Aristotle (Problems, book XXXIII).

とある。最初にこの現象に言及したのは、少なくともかのアリストテレスまでさかのぼれるというわけだ。

またこの Wikipedia の項目に外部リンクとして紹介されている
http://www.madsci.org/posts/archives/aug97/865380242.Me.r.html

の内容もなかなかおもしろいが、sun-sneezing, sun-sneezer という表現が出てきて、なるほど!と感心した。


参考:
「辞典に載っていない表現」一覧
「背景知識・雑学」一覧