third degree(数にちなむ表現)

数がからんだ英語表現、今回は「3」の続きとして the third degree を取り上げたい。手持ちの英和辞書の一つは「厳しい尋問」としか書いていないが、英英辞典を見ると、単なる質問攻め、という程度ではすまない場合もあるようだ。

- intensive interrogation, especially when accompanied by rough physical treatment
- long and harsh questioning to obtain information or a confession
- the subjection of a prisoner to mental or physical torture to extract a confession

こうした定義を読むと、

- The interrogators gave the suspects the third degree.

というような例文も、厳しく問い詰めている情景を思い浮かべるだけでは不十分なのかもしれない、と思える。ただ、私が何かでこの表現が使われていたのを聞いた際は、確かそれほど深刻な状況ではなかったという記憶もある。次のような例文もあったので、やはり状況や文脈によるということであろう。

- When I came home at 4am, my dad really gave me the third degree.

この the third degree とはフリーメーソンの最高位のことで、ここにたどり着くまでの厳しい試験から来た言い回しだそうだ。フリーメーソンというと、秘密のベールに包まれているというイメージを持つが、試験の厳しさだけは外部にも伝わっていたということだろうか。

- < the interrogation required to reach the "third degree," the highest rank in Freemasonry
(Encarta World English Dictionary)

- "intense interrogation by police," 1900, probably a reference to Third Degree of master mason in Freemasonry (1772), the conferring of which included an interrogation ceremony. Third degree as a measure of severity of burns (most severe) is attested from 1866, from Fr. (1832); in Amer.Eng., as a definition of the seriousness of a particular type of crime (the least serious type) it is recorded from 1865.
(Online Etymology Dictionary)


参考:
数にちなんだ表現 一覧
「背景知識・雑学」一覧