「切りのいい数字」「キリ番」

前回取りあげた -odd という表現の説明として used in combination with a round number とあった。日本語でも同じように「丸い(丸めた)数字」というのが面白い。偶然なのか、それとも外国語の影響を受けたものなのか。ついでなので、この round について短く書いてみたい。

英英辞典には、

- expressed in convenient units rather than exactly, for example to the nearest whole number or multiple of ten

- [only before noun] a round figure or amount is one that is given as a whole number, usually one ending in 0 or 5

などと定義されている。英和辞典を見ると、「丸めた」のほか、「切りのいい」「端数のない」などといった訳語もある。

また、さらに nice をつけて nice round number というのも、それらしい英語表現だ。ネットでは hit [reach]/approach the nice round number of... などといった表現が見つかる。個人色が強いのでそのままの引用はしないが、文脈によってはさしずめ「キリ番」にあたるだろうか。

また round は動詞として、「(数字を)丸める」「概数で表す」「四捨五入する」といった意味になる。

- to express as a round number - often used with off
The number 1.64 can be rounded to 1.6 or to 2.
11.3572 rounded off to two decimal places becomes 11.36

オンライン辞書にあった次の定義は「四捨五入」に沿うものだろうが、理解する以前に、目にしただけで頭がくらくらする。

- to reduce successively the number of digits to the right of the decimal point of a mixed number by dropping the final digit and adding 1 to the next preceding digit if the dropped digit was 5 or greater, or leaving the preceding digit unchanged if the dropped digit was 4 or less.


参考:
「数にちなんだ表現」一覧
「日本語→英語の表現集」一覧
数につけるsome、-ishと-odd