数につけるsome、-ishと-odd

年齢について言い回しについていろいろ取り上げたが、ついでに連想した数字がらみの表現についてメモしておきたい。まず、英語を学び始めた時には「いくらかの」「いくつかの」などと教えられる some であるが、数字の前につけると「およそ」という意味になる。about 等を繰り返したくない場合に使ってみるのはどうだろか。

英英辞典の定義は、

- used before a number to mean approximately; about:
Some fifty tons of stone are taken from the quarry every day.
The water is some twenty to thirty metres beneath the ground.

また、数字の後に -ish をつけても「およそ~」になる。年齢に使った場合の訳例として、辞書には「~がらみの」とある。

- (appended to numbers, especially times and ages) about, approximately.
We arrived at tennish or We arrived tennish.
I couldn't tell his precise age, but he was fiftyish.

これも年齢固有の表現ではないが、数字に -odd をつけると「~を越した、~あまりの」という意味になる。

- slightly greater than particular number: used after a number to mean a little more than that particular number
- more or less, esp. a little more (used in combination with a round number):
I owe three hundred-odd dollars.

ついでだが、時刻に sharp をつけると「ちょうど」「きっかりに」という意味になる。

- at eight o'clock sharp


参考:
「数にちなんだ表現」一覧
年齢についての単語・落穂拾い