three-cornered, four corners(数にちなむ表現)

"The Three-Cornered World" は、Alan Turney が夏目漱石の「草枕」の英訳につけた題である。これについてターニー氏は序文で、「直訳すると "The Grass Pillow" になるが、それでは意味をなさないので、この作品のテーマと考えられる一部分をタイトルにした」といった意味のことを書いている。

漱石の原文にあたってみると、「四角な世界から常識と名のつく一角を磨滅して、三角のうちに住むのを芸術家と呼んでもよかろう」がそれにあたるようだ。

もっともこの部分、ターニー氏は triangle を使って以下のように訳している。この英訳を読んだのはずいぶん前のことなので、他のところに three-cornered が出てくるのかどうかは覚えていない。

Putting it as a formula, I suppose you could say that an artist is a person who lives in the triangle which remains after the angle which we may call common sense has been removed from this four-cornered world.

以前、ピアニストのグレン・グールドが弾いた「ゴルトベルク変奏曲」という名曲の名演について取り上げたことがあるが、グールドはこの「草枕」の英訳を愛読していたそうである。

さて、three-cornered は、「三者が関わりあう、三つどもえの」 involving three people or groups という意味もあり、辞書には次のような用例が載っている。

- a three-cornered fight
- a three-cornered contest

ここからの連想だが、four corners は「すべての地域(領域)」という意味で、the four corners of the earth は 「世界のすみずみ」ということになる。旧約聖書のイザヤ書には次のような一節がある。

And he shall set up an ensign for the nations, and shall assemble the outcasts of Israel, and gather together the dispersed of Judah from the four corners of the earth.
(King James Version)

ついでに雑学的知識だが、アメリカ合衆国には、唯一4つの州が一点で交わるポイントがあり、Four Corners と呼ばれている。ユタ、コロラド、ニューメキシコ、アリゾナの境がここで接している。

Wikipedia の次の項目には、ここにある The Four Corners Monument とその周囲の写真も載っているが、小さくてあまりよくわからない。実際にはどんな雰囲気のところなのだろうか。
http://en.wikipedia.org/wiki/Four_Corners_Monument
http://en.wikipedia.org/wiki/Four_Corners_%28United_States%29


参考:
グレン・グールドの映像版「ゴルトベルク」
実用英語の達人だった夏目漱石
「数にちなんだ表現」一覧
「背景知識・雑学」一覧

The Three-Cornered World (Peter Owen Modern Classic)The Three-Cornered World (Peter Owen Modern Classic)
Soseki Natsume Natsume Soseki Alan Turney

Peter Owen Publishers 2003-04
売り上げランキング : 6845

Amazonで詳しく見る
by G-Tools