discとdiskはどう違うのか

先日 desert island discs という表現について書いたが、ふと disc と disk とはどう違うのだろうかという疑問が浮かんだ。どちらも似たような意味のはずだが、何か使いわけがあるのだろうか、と考えたのである。そこで辞書やネットで調べてみた。

このうち辞書は、どれも同じような記述だった。disc のところに US also disk あるいは another spelling of disk、そして disk に UK ALSO disc などとあって、イギリスでは disc、アメリカでは disk がより使われる傾向にあるほかは、特に違いがないように見える。

詳しかったのは Wikipedia で、Spelling of disc という項目を立てていて、2つの違いを説明していた。以下、ポイントとなりそうなところだけを引用させていただくことにする。

- The earlier word is disk, which came into the English language in the middle of the 17th century.

- In the 19th century, disc became the conventional spelling for audio recordings made on a flat plate, such as the gramophone record; this usage gave rise to the modern term disc jockey.

昔の(しかし今も一部で愛好者がいる)アナログの円盤レコードは disc だった。

- In the 1950s, when the American company IBM pioneered the first hard disk drive storage devices, the k-spelling was used. However, some latter-day storage device manufacturers prefer the c-spelling.

辞書を見ると、確かに hard disk を見出し語にしているものがほとんどである。また、Google で検索してみても同様である。といっても hard disc も結構ヒット数がある。

- In 1979 the Dutch company Philips, along with Sony, developed the compact disc medium; here, the c-spelling was chosen, possibly because of the predominating British spelling, or because the compact disc was seen as a successor to the analogue disc record.

CDには disc が使われた。

- ...In computer jargon today it is common for the k-spelling to refer mainly to magnetic storage devices (particularly in British English, where the term disk is sometimes regarded as an abbreviation for diskette (a much later word), or is taken to refer to an object constructed from discs rather than a disc itself).

- The c-spelling is then used for optical media such as the compact disc and similar technologies (Apple Inc. considers this official).

磁気記憶装置には通常 disk が使われる傾向にあるという。円盤そのものは disc であっても、それを含めたディスケットとしては disk になると理解すればいいということか。

- Even in the computing field, however, the terms are used inconsistently; software documentation often using one or the other spelling exclusively.

Beyond the realm of technical terminology, usage generally follows local spelling patterns and preferences.

(以上 http://en.wikipedia.org/wiki/Disc_%28spelling%29)

ということで、結論としては、少なくても日常生活レベルでは、そう神経質になることはない、ということのようである。だから、辞書も disc を US also disk としても大きな問題はないと判断しているわけだろう。とはいえ、こうした探索をしてみるのも、英語に親しむ上でムダではあるまい。