Luciferの正体は何か

このところ devil, demonize といった単語について書いてきたが、「悪魔」つながりでもうひとつ頭に浮かんだのが Lucifer である。そこで、日本語でルシファー、ルシフェルなどと表記されるこの存在について調べてみたら、面白いことに、最初から「悪魔」ではなかったということを知った。

英英辞典の中にも、単に

- another name for Satan
- the Devil

としか書いていないものがあるが、より詳しくは、

- the archangel cast from heaven for leading the revolt of the angels; Satan.
- in Christianity, a rebellious archangel who is usually held to be the same as Satan

ということだそうだ。手持ちの電子辞典には

- 堕落した大天使で、Satan と同一視される; Isa 14:12の誤解から
(リーダーズ英和)

- by association with the 'son of the morning' (Isa. 14:12), believed by Christian interpreters to be a reference to Satan)
(The New Oxford American Dictionary)

とある。どうも単純ではない事情がありそうだ。由来を知ろうとオンラインの辞典を見たら、この言葉はそもそも「明けの明星」、つまり明け方に見える金星を指したということだ。

- ORIGIN Old English, from Latin, 'light-bringing, morning star', from lux, lux- 'light' + -fer 'bearing'.

「光」を表すラテン語 lux は、照度の単位「ルクス」にもなっていて知られているが、これと関係があるということになる。そして Lucifer の意味として辞書には確かに「明けの明星」が載っている。

- (literary) the planet Venus in the morning
- the planet Venus in its appearance as the morning star

さらにネットで調べてみると、Lucifer は古代バビロニアのネブカドネザル王を指すものとしても使われていたが、先の辞書にあったように、この王について書いている聖書のイザヤ書の記述やその解釈などから、堕天使・悪魔を指すようになってしまったらしい。不思議かつ面白いが、詳しいことはちょっと複雑になるので、興味のある方は以下のサイトなどを参照いただけたらと思う。

http://www.cresourcei.org/lucifer.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Lucifer
http://www.apostolic.net/biblicalstudies/isaiah1412.htm
http://www.lds-mormon.com/lucifer.shtml

もうひとつ面白かったのは、この単語は lower case で始めると、「黄燐マッチ」「摩擦マッチ」の意味になるという。

- (archaic) a match struck by rubbing it on a rough surface
- a friction match

まさにライター等ができるまでの「光をもたらすもの」だった、というわけであろうか。

ところで、上記の英英辞典の説明には、おなじみの Satan が出てきたが、最初の a のところは /ei/ と発音される。日本語になっている「サタン」のような発音ではないので注意が必要だ。


関連
「注意したい発音」一覧
devilにちなんだ表現
続・devilにちなんだ表現
「こんにゃく」とdevil's tongue
「悪魔化する」って何だ?
さらなる悪魔ghoulとその語源
まだある悪魔fiend、およびgoblinとogre