ちょっと気になった「思います」の連発

日本語では文の最後を「~と思います」といった言葉で締めることがよくある。使いすぎると、自信がない、あるいは確実でないという印象を与えかねないが、日本の言語あるいは文化の特徴だとすれば、一概に否定的にとらえるべきでもないだろう。しかし最近、これはどうも、と感じた例を立て続けに聞いた。

通勤途中で寄ったある店で商品を眺めていたら、近くのレジで客と店員が長いこと話をしている。聞くとはなしに聞いていると、その店の新しいポイントカードについての説明だった。最近は紙にスタンプを押すだけのポイントカードが減っているが、IT化でかえって利用法が複雑になったと感じることがある。その客もいろいろわからない点があるらしい。

聞いているうちに、店員の言葉が気になってきた。客への説明で「~と思います」を連発しているのだ。自分の店について、しかもカードの使い方という決まりごとである。「思う」も何もないはずなのだが。

実は、少し前に私自身も似たような体験をしていた。購入したIT機器についてわからない点があったのでサービスセンターに電話をした。珍しいことにすぐつながったが、相手がやはり「~と思います」をやたらとつけながら説明したのだ。いらいらしてきたので、「思う思う、っていうけど、その通りに動かないかもしれないということ?」と、つい声を荒げてしまった。「いや、そういうわけではないのですが…」という返事であった。

「~と思う」といった言葉で文を締めがちなのは、日本人の謙遜の美徳なのか、あるいは常に確かなもの、変わらないものなどありえないという人生観の反映なのか。また、最後に述語・動詞が来る日本語は、言い切りにすると調子が揃いがちなので、それを避けるため「思う」などをつけて変化をもたせる傾向が生まれたのかもしれない。

いずれにせよ、報告書などを別にすれば、不要で余計だからと「~と思う」といった言葉をすっぱり切ってしまうと、少なくとも私は居心地が悪い。やはり日本語や日本人の特質に関わることであり、理屈で割り切れるものではないと思う。

しかし、自分が他人に行うサービスについて「思う」を連発されると、やはり変な気分になる。たまたま私が続けて耳にしただけなのか、それともこうした言い方をする傾向が生まれてきているのか、いずれにしてもちょっと気になった出来事だった。