ダメ生徒の代表ジョニー君

最近の TIME 誌に、"Why Johnny Isn't Reading Much Better" というタイトルの記事があった。このジョニー君、教育問題についての記事の見出しなどで使われるのを時おり目にする。しかし、この名前を辞書で引いても、そうした情報はなかなか載っていないのではないかと思う。

確信はないが、こうした言い回しは、"Why Johnny Can't Read" という本のタイトルがもじって使われるようになったものらしい。

あらためて調べたら、正しくは "Why Johnny Can't Read: And What You Can Do about It" という書名で、半世紀以上前の1955年に出版されており、Rudolf Flesch という著者だった。

私はこの本そのものは読んだことがないが、生徒の国語(英語)力不足を指摘したもの、という説明をどこかで読んだような記憶があり、そのように思い込んでいたが、あらためて Amazon.com のこの本の紹介を見たら、

The classic book on phonics--the method of teaching recommended by the U.S. Department of Education. Contains complete materials and instructions on teaching children to read at home.

とあった。学力低下の危機を訴えたというより、どうも家庭での国語指導の指南書のようである。

それでも、今回の TIME のように、このタイトルをもじった文章に、教育の問題点を指摘したものがあるのは確かだと思う。

"Why Johnny Can't" で検索してみたら、大量のヒットがあった。内容をひとつひとつ確かめたわけではないが、ヒット一覧に表示される文章の一部を眺めた印象では、教育の貧困や学力不足を嘆くもののほか、学力を高める方法やハウトゥもの、教育や若者とは関係なさそうなものなど、さまざまな内容があるようだ。どうやらジョニー君をダメ生徒の代表と決めつけるのは、彼に失礼のようだ。

実例のいくつかを列挙してみよう。あるものは本のタイトル、あるものは文の一節である。

- Why Johnny Can't Think
- Why Johnny can't understand
- Why Johnny can't argue
- Why Johnny Can't Concentrate:
- Why Johnny Can't Tell Right from Wrong

- Why Johnny Can't and Won't Read
- Why Johnny Can't Read, Write, or Sit Still
- Why Johnny can't read, but Yoshio can - education in Japan
- OK, Johnny can read. So why doesn't he?
- Why Johnny Can't Write: How to Improve Writing Skills
- Why Johnny Can't Write, Even Though He Went to Princeton

- Why Johnny Can't Stay In School
- Why Johnny Can't Get to School
- Why Johnny Can't Walk to School
- Why Johnny Can't Come Home

- Why Johnny Can't Play
- Why Johnny Can't Eat
- Why Johnny Can't Sleep
- Why Johnny Can't Cook
- Why Johnny Can't Dance
- Why Johnny can't tune
- Why Johnny Can't Acquire Spanish.
- Why Johnny Can't Get a Girlfriend

- Why Johnny Can't Vote
- Why Johnny Can't Win: Law Politics and the Non-Right to Educational Opportunity
- Why Johnny Can't Believe. On the Failure of the Church to Educate
- Why Johnny Can't Lead: The Leadership Gap In Churches

- Why Johnny Can't Add: The Failure of the New Mathematics
- Why Johnny Can't Do Arithmetic?
- Why Johnny Can't eLearn
- Why Johnny Can't Count
- Why Johnny can't calculate
- Why Johnny Can't Do Genealogy
- Why Johnny Can't Program
- Why Johnny Can't Split the Atom

- Why Johnny can't code
- Why Johnny Can't Decode
- Why Johnny Can't Encrypt
- Why Johnny Still Can't Encrypt
- Why Johnny Can't Stop Sharing Files
- Why Johnny Can't Multicast: Lessons about the Evolution of the Internet
- Why Johnny can't surf the web
- Why Johnny Can't Log In

- Why Johnny Can't Work
- Why Johnny Can't Invest
- Why Johnny Can't Get a Job
- Why Johnny can't get laid
- Why Johnny Can't Get Paid
- Why Johnny Can't Sell and What to Do About It
- Why Johnny can't save for retirement
- Why Johnny can't work a cash register
- Why Johnny Can't Balance a Checkbook

…ふう、疲れた。とにかく、きりがない。

さてついでに、ジョニーはよくある名前のためか、辞書を見ると、これを使った表現がいくつかある。

Johnny-come-lately は「新入り、新米」「成り上がり者」、Johnny-one-note は「ひとつのことしか考えられない人、単細胞な人」、Johnny-on-the-spot になると「突発事態にすぐ対処できる人、機転のきく人、待ってましたとばかりに駆けつける人」ということだそうで、どれも面白い。

イディオムではないが、"Johnny B. Goode" はチャック・ベリーによるロックンロールの古典だ。大昔のことになるが、ロナルド・レーガンの大統領就任祝賀会をテレビで見ていたら、歌詞を "Ronnie Be Good" ともじって歌われたのを、いまだに覚えている。検索したら、当時の記事もあった。

The low points included a tasteless adaptation by Singers Donny and Marie Osmond of the rock song Johnny B. Goode into "Ronnie Be Good"...
(http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,920950-1,00.html)


参考:
「固有名詞にちなむ表現」一覧
英語版「山田太郎」あれこれ