英語になった日本語「少し」

先日書いた中国語由来の gung ho や、以前取り上げたアラビア語からの the mother of all... のように、戦争は外国語の単語や表現が取り入れられるきっかけとなってきたようだ。日本語も例外ではない。比較的有名なのは、「班長」に由来する honcho だろうか。

1947, Amer.Eng. "officer in charge," from Japanese hancho "group leader," from han "corps, squad" + cho "head, chief." Picked up by U.S. servicemen in Japan and Korea, 1947-1953.

今回辞書を見るまで、この単語が organize, supervise や be in charge of, be the leader of という意味の動詞としても使われることは知らなかった。

- He's the one who honchoed their election campaign.
- She volunteered to honcho the new project.

もうひとつ、面白いのは skosh である。日本語の「少し」に由来するという、ウソのような話である。ネイティブスピーカーが一般的に知っていて実際にけっこう使われる単語だ、といえるのかどうか確かめてみたいところだ。

- a small amount; particle; insignificant, small, or meaningless part.
He added just a skosh of vinegar, to give the recipe some zip.

- jot: a little bit ( slang )
I'd like just a skosh more, please.
[Mid-20th century. < Japanese sukoshi]

母音のところは /ou/ と発音する。その昔、簡単な日本語を話す外国人が「スコーシ、スコーシ」と言うのを聞いていて、日本人の会話調の言い方にならったものかと思った。その当時この単語は知らなかったのだが、今にして思えば、彼は 「『少し』は skosh と同じようにいえばよい」と覚えていたのかもしれない。

さてこの単語、やはり戦争と無縁ではなく、次の説明によると朝鮮戦争、あるいはそれ以前から使われていたようだ。

The original was sukoshi, in Japanese a little bit or a smidgen. It first appeared in print in American English about 1951. Word researchers think American servicemen based in Japan brought it back at the time of the Korean War, though several subscribers have mentioned it was common among American servicemen in Japan in the years immediately following World War Two.
(http://www.worldwidewords.org/qa/qa-sko1.htm)



関連:「ラテン語・外来語」一覧