爆弾犯人ではないbomb thrower

安倍新総理についての英文記事を読んでいて目にとまったのが、bomb thrower という物騒な感じの表現だ。調べてみると、爆弾事件の犯人以外にも比喩的に使われるようだ。見出し語として載せている辞書は、私が見た限りないようである。

次は、安倍氏が改憲や愛国心教育を打ち出していることを紹介する記事の一文である。

These are contentious matters, which alarm those who see a bomb-thrower in Mr Abe
.
文脈からも意味は汲み取れるが、インターネット時代のありがたみは、他の実例をたやすく検索して、単語のニュアンスや使われ方をつかめることだ。

- Coulter is a bomb thrower who likes to make outrageous statements just to watch the reaction and profit off the notoriety -- she's the right's Michael Moore.

- Is she simply a bomb thrower who's only interest is agitation?

- You can be a bomb-thrower and sort of stir things up and not be focused on getting anything done.

- O'Reilly suggested to Tim that he should not be a "bomb thrower," and should tone down his rhetoric.

ちなみに Ann Coulter は Rush Limbaugh などと並ぶアメリカの保守系評論家のこと。物議を醸すこうした論客のことは知識としては知っているが、私はアメリカに住んでいるのではないため、お騒がせぶりを肌で感じているわけではなく、いまひとつピンとこない。


関連:
scion, shoo-in など
blue blood
born to the purple, high-born
to the manor [manner] born