born to the purple, high-born

新総理になる安倍晋三氏を形容するのに海外のメディアが使っている blue blood という表現について書いたが、類語で同じく色を使ったものとして be born to the purple というイディオムがある。to の代わりに in でもいいようだ。

辞書には、この purple の意味について imperial power; high rank という説明がある。purple は cloth of a color between violet and red, formerly worn as a symbol of royalty or high office だったそうだ。
面白いことに、日本でも、「江戸紫」というように、いい印象をもたれていた色である。

Wikipedia には、さらに詳しい説明があった。

- Purple has often symbolized royalty, dating back to Roman times, when clothing dyed with Tyrian purple was limited to the upper classes due to the rarity (and thus price) of the dye. The color, which was closer to a deep crimson/red-violet color (shown above) than to the modern idea of purple, was the favored color of many kings and queens.

- Byzantine empresses gave birth in the Purple Chamber of the palace of the Byzantine Emperors. Therefore, being named Porphyrogenitus ("born to the purple") marked a dynastic emperor as opposed to a general who won the throne by his effort.

(http://en.wikipedia.org/wiki/Purple)

似た意味を持つもうひとつの単語が high-born である。born into an aristocratic or wealthy family of noble birth とか of high rank by birth と説明されている。

purple のからみでおまけ、小泉総理のメールマガジンは「らいおんはーと」というタイトルだったが、アメリカ軍の勲章に Purple Heart というものがある。

The Purple Heart is a United States military decoration awarded in the name of the President to those who have been wounded or killed while serving on or after 5 April 1917 with the U.S. military.
(http://en.wikipedia.org/wiki/Purple_Heart)

というもので、ハート型のメダルを吊り下げる紫のリボンに由来するそうだ。

なお purple という色について参考になる記事が Wikipedia にある。
http://en.wikipedia.org/wiki/Purple


関連:
blue blood