figureheadはただのお飾り

知らない言葉の意味を前後関係から類推するのは、英文に親しむために必要だろう。前回取り上げた bicameral は、文脈から容易にあたりをつけることができた。しかしストイックなまでに「辞書を引いてはだめ、ひたすら読め」とする流派にもちょっと疑問を感じる。単語によっては、自己流に解釈し間違って覚えてしまうおそれもあるからだ。figurehead もそんな単語のひとつではないかと思う。

最近読んだ英文にも出てきたので、今回取り上げようと思ったが、そこだけを切り出してもわかりにくい感じなので、ネット上で見つけた文を例に取ることにしよう。イスラエルの大統領をめぐるスキャンダルについての英文である。

At the same time, demands are rising for the resignation of figurehead President Moshe Katsav, under police investigation for allegedly coercing sex from a former employee and for allegedly receiving money in return for granting presidential pardons to criminals.

figurehead を初めて見た人がこれを読んだ時、「大統領なのだから、なるほど head の figure なのだな」と「前後関係から類推して」理解した気になるかもしれない。

が、この単語を辞典で引いてみると、「名目上の指導者;表看板」とある。英英辞典では、

- a head or chief in name only
- a nominal leader or head without real power
- a person who is in a high position in a country or an organization but who has no real power or authority

(例文) The President of this company is just a figurehead - the Chief Executive has day-to-day control.

この単語には、船の舳先にある「船首像」 figure on the bow of some sailing vessels の意味もある。こちらがもともとの語義だとしたら、本当の指導者ではなく、 nominal という意味で使われるようになったのが不思議かつ面白い。日本語のように「お飾り」ということなのだろうか。

それはともかく、この単語の意味を文脈から正しく捉えることができるのは、英語ばかりを追っている学習者ではなく、むしろ海外の事物に興味があり、言葉よりも情報を取りたいという人かもしれない。つまり、イスラエルの大統領は、アメリカやフランスの同職とは違って、あくまで名目的な力しか持っていない、といったようなことを知っている人である。

また、カンが働く人は、figurehead をまず「指導者」のように捉えたとしても、すぐに「大統領という肩書きを示しているのに、なぜわざわざ似たような単語がついているのか」という疑問を持ち、再考するかもしれない。そうしたカンのようなものを養うためには、量をこなすこと、一方で、意味を確かめながらじっくり読むこと、どちらも大切だと思う。

私自身、「文脈から覚えた」つもりで実は意味を取り違えていて、しかもそれに気づいていない単語が多々あることだろう。そういえばその昔、関係詞の学習で、 There are some things that I don't know that I don't know. というような例文を習った覚えがある。自戒したい。