slice of life, spice of life

安倍総理との共同記者会見でブッシュ大統領が a slice of heaven という言い回しを使ったことに関連して、slice にからんだ他の表現について少し書いてみたい。

まず頭に浮かんだのは a slice of life である。

- a realistic portrayal of life, especially a harsh or unpleasant life, e.g. in literature or a movie
- an episode of actual experience represented realistically and with little alteration in a dramatic, fictional, or journalistic work

という意味で、例としては、

- a play with slice-of-life dialogue
- an accurate and revealing slice of life about an American small-town cop that includes his mindset and responsibilities

a slice of the actiona piece of the action と同じで、「分け前;利益にあずかること」と辞書に書かれているが、a slice of the profits [the pie] 「利益の取り分」もあり、具体的にどう違うのだろうか。

この他、a slice of luck は「ちょっとした幸運」。slice を動詞に使って、any way [no matter how] you slice it は「どう考えても」ということになる。

slice とは関係ないが、響きが似た spice が使われているのが "Variety is the spice of life." という決まり文句で、「変化は人生の薬味」と辞書にある。島倉千代子ではないが、「人生、いろいろあるから面白い」ということか。

http://idioms.thefreedictionary.com/Variety+is+the+spice+of+life
http://www.goenglish.com/VarietyIsTheSpiceOfLife.asp

spice of life という表現は、その昔、The Manhattan Transfer が歌った同名の曲で出会った。"Bodies and Souls" という1983年に出たアルバムの最初の曲で、"Tonight, let's taste the spice of life." と歌われている。

当時学生だった私にとって、マンハッタン・トランスファーの音楽は、さかんに聞いていた日本や米英のポップスとは趣が違うお洒落なもので、ジャズボーカルものに興味を持つきっかけになった、思い出深いものだ。彼らは今も現役で活躍している。


参考:
a slice of heaven

Bodies and SoulsBodies and Souls
The Manhattan Transfer

Atlantic 1990-10-25
売り上げランキング : 189536

Amazonで詳しく見る
by G-Tools