「やられ役」を英語で何という?

ドラマでは、危険な状況に置かれた主要登場人物が死んでしまっては話が続かない。SFドラマ「スター・トレック」の最初のシリーズでは、突発的な危機の際もレギュラー出演者たちは無事で、命を落とすのは見慣れない乗組員、というパターンがみごとに定型化していた。エキストラ俳優演じる名もない乗組員が出てくると、ああこれは「やられ役」だな、とわかってしまうわけだ。

画像その昔、英文雑誌で「スター・トレック」についての記事を眺めていて、こうした「やられ役」が expendable character、ensign expendable (ensign は「少尉」、発音は通常/ensn/)などと表現されているのに気づいた。

スタートレック」のパロディに、「ギャラクシー・クエスト」 "Galaxy Quest" という1999年公開の映画があるが、ちゃんと「やられ役」が取り上げられていた。「やられ役」を演じる登場人物は、こんなセリフを口にする。

- I'm expendable. I'm the guy in the episode who dies to prove how serious the situation is.

また、この映画についての記事には、「やられ役」キャラについてこんな文があった。

- He's afraid he's the no-name extra playing the expendable crewman, a role that's a veritable death warrant.

ちなみに同じ「やられ役」でも、プロレスで使われる、主役レスラーを引き立てるレスラーのことはどういうのだろうかと思い、以前調べたことがある。答えは jobber で、そうした行為を job というのだそうだ。ネットでは次のような例があった。

- A wrestler who loses every time or almost every time becomes known as a "jobber."

- The act of losing is called jobbing, and a frequent loser is referred to as a jobber.

「スター・トレック」の「やられ役」を指すのにファンが使う別の単語もある。redshirt がそれで、「やられ役」の乗組員はたいてい "Security" という部署に属していて、ここの制服は赤と決まっていることから来ているらしい(科学・医療関係の乗組員の制服は青など、部署によって色が違うという設定になっている)。

ここまでくると「おたく」の世界で、ファン以外にはほとんど通用しないように思えるが、Wikipedia には redshirt の項目があり、それを読むと、徐々にその使用が広まっているようだ。もっともこの項目も、今の時点で "This article or section may contain original research or unverified claims." と冒頭に書かれているので、どこまで真に受けていいのかわからないが。

http://en.wikipedia.org/wiki/Redshirt_(character)

もっと汎用的な redshirt の意味としては、a college or university athlete who is kept out of competitions for one year in order to improve his or her skills and extend his or her period of eligibility という説明が辞書にある。

さて、「やられ役」からさらに連想した単語に cannon fodder (「大砲の餌食」)がある。soldiers who are regarded as expendable in the face of artillery fire; members of the lowest ranks of the military, regarded as an expendable resource in wartime ということで、戦闘で真っ先に犠牲になる可能性のある下級の兵士を指す。軍隊以外にも、一般的に組織でいいように使い回され、使い捨てにされる人を指すのに使われるようだ。

ついでに、 cannon のつながりで頭に浮かんだのが loose cannon で、one who is uncontrolled and therefore a serious and unpredictable danger つまり、何をするかわからない人物・信用できない人ということである。loose cannon on deck ということもあるようだ。

どこへ飛んでいくかわからない大砲の砲弾に由来している、という説明をどこかで読んだような気がしたが、改めて調べるとそうではなく、昔の軍艦で、嵐のときにデッキ上の大砲をしっかり固定しないと動き回って自艦を壊しかねない、ということから来たという。

参考:
「注意したい発音」一覧