「ワトソン」か「ワトスン」か~「慣用表記」とはいうものの…

前回は、シャーロック・ホームズの小説「緋色の研究」の原題にある study をめぐって、慣用的な訳と違う解釈があることについて書いたが、「慣用」といっても、ひとつに定まっていない場合があるのでやっかいだ。ホームズの友人で物語の語り手の Dr. Watson がいい例である。

いま手に入る「ホームズもの」の翻訳は、ほとんどすべてが「ワトスン」としているので、これが慣用だといえるかも知れない。しかし、私には「ワトソン」の方がしっくり来るし、一般にもこちらで親しまれているのではないかと個人的には思っている。

ホームズの友人ではないが、ウィンドウズについている診断ツールの日本語名は「ワトソン博士」であり、「ワトスン博士」ではない。私のノートパソコンについている日本語入力システムは、「ワトソン」は一発変換したが、使い始めの頃は「ワトスン」はダメだったと記憶している。

こうした名称は、なるべく原音に沿った表記にすればいい、という意見があるかもしれない。そうすると、この例では「ウォットスン」のようにすればいいのか。これでは、少なくとも私は読む気がしない。

面白いことに、同じ名前でも、指す人や物が違うと呼び方が異なる場合がある。例えばビートルズの George Harrison は、ジョージ・「ハリスン」が慣用といえるだろう。しかし、俳優の Harrison Ford は、「ハリソン」・フォードであって、「ハリスン」・フォードだと違和感がある。慣用ということではないが、動物の puma は「ピューマ」だが、スポーツ用品だと「プーマ」だ。

慣用とされていた呼称が、意図的に変えられることもある。俳優の「リーガン」 Ronald Reagan は、大統領になったとたん「レーガン」になった。同じく「リーガン」と表記される(ついでにファーストネームも似ている) Donald Regan が財務長官になったので、マスコミがより原音に近い表記にしたように記憶している。大統領が推進していた「スター・ウォーズ防衛構想」を風刺して、Ray-gun と書いたひとコマ風刺漫画をアメリカの雑誌で見たのも覚えている。

また、イスラム教の預言者の名前は、長らく「マホメット」とされてきたが、イスラム教にからんだニュースが増えてきた昨今、原音に近い「ムハンマド」が増えてきた。ついでに、日本語では「預言者」と「予言者」は意味が異なるが、英語ではどちらも prophet でいいようだ。

一方、例えば Graham という人名は普通「グラハム」と呼ばれているが、慣用とはいえあまりに原音と違いすぎて気になる。それから、「シットコム」という表記が定着しつつあるようだが、私はどうも抵抗がある(そんなことはない、という人もいるだろうが)。とはいっても「スィットコム」では、「何カッコつけてんだ」と言われかねないので難しい。誰かうまい独自の日本語を考えてはくれないものだろうか。

新しい言葉に、慣用の表記が活かされないこともある。私が子供の頃、Skylab というアメリカの宇宙ステーション計画があり、「スカイラブ」として紹介されたが、ある日本の専門家が、これを「スカイラボ」と呼んでいるのを何かで読んだ。

- lab の部分の由来である laboratory は、日本語では「ラボ」とするのが普通であること、何より「ラブ」では love に取られてしまうことが理由だったのだろう。カタカナ語の慣用を考えれば、この「スカイラボ」の方が筋が通っているな、と子供心に思ったが、定着することはなかった。

以上、ホームズ物語をきっかけに、表記の慣用について、思いつくままに少し書いてみた。何が正しいか、とか、どうあるべきだ、ということを追究したいわけではなく、まとまりのないものになってしまったが、結局は、「慣用」といっても定まったものではなく、個人の好みも絡むものであり、いつものように、言葉は生きているものだという思いを強くする。


ホームズ関連のエントリ:
「緋色の研究」(あるいは「習作」)のこと
顔写真(mug shot)
実在しない有名なセリフ
ホームズ全集の新訳が完結
アルファベットの頻度(etaoin shrdlu)