村上春樹の「総称のyou」論

先日、「バベルの謎」の著者が、「ある文化の特質は、かえってそこに生まれ育った人にはわからず、異文化に育ったからこそ見えてくる場合がある」と書いていることを紹介した。それで連想したのが、不特定の人を指す you についての、作家の村上春樹氏の意見である。

村上氏は、自身が訳した「キャッチャー・イン・ザ・ライ」(「ライ麦畑でつかまえて」の新訳)で、いわゆる総称の you を「君」と訳している。これについて氏は雑誌の対談などで、「you という架空の『語りかけられ手』は、この作品で意外に大きな意味を持つ。それがいったい誰か、というのも小説のひとつの仕掛けだ」という考えに基づいて意図的に訳した、と述べている。

ところがこれについては、複数のネイティヴスピーカーが適切でないと指摘している。その一人がマーク・ピーターセン氏である。

著書「ニホン語、話せますか?」の中でピーターセン氏は、村上氏の発言を引用したうえで、「架空の『語りかけられ手』というものは存在しない。you は誰のことでもなく、英語の構成上必要な代名詞に過ぎない」として、「君」と訳すのは適切でないと述べている。また、村上氏の作品の英訳を手がけているアメリカ人の翻訳者も、同様の指摘しているという。

こうした指摘について村上氏は、翻訳家で東大教授の柴田元幸氏が著した「翻訳教室」の中で、「僕はそうは思わない。アメリカ人は、実体のない you だというが、本当は実体はある。彼らが気づいていないだけで、彼らの頭の中には存在しない。でも日本人である僕らが見るとそれが存在しているのがわかる。翻訳というのはネイティヴに訊けばわかるというものではない」と述べている。

「アメリカ人は気づいていない」ということは、作者のサリンジャー自身も、たぶんそうした意識なしに執筆したということになりそうだ。原作者も意図していなかったであろうことを、外国人が「深読み」するのは、文芸作品だからありうる、許されるようにも思えるが、大変刺激的な考えであると思った。

この you については、実は柴田元幸氏が、同じ「翻訳教室」の別の章で、ちょっと違った視点から書いている。

柴田氏は、ある演習の課題文(「キャッチャー…」ではない)の学生訳に対するコメントの中で、「人間一般を指す you が出てきたとき、訳してない答案が多く、それで不自然な日本語になっている。たぶん予備校などで、人間一般を指す you は訳さないと教わって、それに従っているのだろう。それもひとつの知恵だが、日本語として自然でなければ話にならない」と述べている。柴田氏はその課題文の you を「君」と訳している。

原文の you が透けて見えるような拙い訳は、もちろん願い下げだが、確かに、自然な日本語になってさえいれば、「君」とはっきり訳すことは、特に文芸翻訳では効果的な場合もあるように思う。

翻訳や日本語表現の観点から柴田氏が導き出した経験則は、はからずも村上氏と一致しているというわけだ。と同時に、村上氏の「you の語りかけられ手」をどう考えるか、柴田氏の個人的な意見も聞いてみたいものだと思った。


参考:
「バベルの謎」

翻訳教室翻訳教室
柴田 元幸

新書館 2006-02
売り上げランキング : 33321

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ニホン語、話せますか?ニホン語、話せますか?
マーク・ピーターセン

新潮社 2004-04-22
売り上げランキング : 326119

Amazonで詳しく見る
by G-Tools